×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



有酸素運動について(前回の説明もかねて説明)。


有酸素運動:呼んで時の如く酸素を身体の中に取り入れて行う運動です。




有酸素運動の仕組み

有酸素運動というのは酸素を取り入れて、酸素と血液中の中にある脂肪と結びついて、脂肪を燃焼します。酸素は脂肪を減らすためには欠かせないのです。しかし、有酸素運動では筋肉が増えないので、基礎代謝はあがりません。しかも、やりすぎると筋肉が減って基礎代謝が落ちます。これが有酸素運動の欠点です。(マラソン選手の上半身はガリガリです)

なので、
基礎代謝を増やすのは無酸素運動になりますので、併用してやっていきます。



有酸素運動の種類と方法

トレーニング方法の説明で詳しく述べますが、主な有酸素運動として、
ジョギング・エアロバイク・速歩きなどがあげられます。水泳は有酸素運動と無酸素運動が重なった運動ですね。

有酸素運動は主に20分までは血液の中にある糖と脂肪がエネルギーとして使われます。二十分以上すると、膵臓から分泌されるリパーゼという酵素がおなかなどの皮下脂肪を分解してそれを運動するエネルギーとします。

ということは、簡単に言えば、
二十分以上やると身体のたるみがなくなるわけですね。ただ、多くの酸素が必要な運動なので、やや軽い運動(軽く息がはずむ程度の強さ)でやっていただくことが重要です。皆さんはただがむしゃらに運動していれば痩せると思っているかたが多いかとおもいますが、実は違うんですね〜(*^_^*)

それでは次に無酸素運動の説明に入ります。







サプリメントを使って効果をアップ!!

有酸素運動は20分以上から皮下脂肪が燃え始めるといいますが、その際にリパーゼという酵素が分泌されると書きましたが、この脂肪を分解してくれるリパーゼの働きを促進してくれるのが、Lカルニチンというもので、サプリメントとして売っています。
普通に有酸素運動を行うよりも効果的に脂肪を燃焼することができます。

サプリメントについては、サプリメントの項目で説明します。