×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


運動の大切さについて(簡潔に説明します)


巷では色々な楽なダイエット方法・間違ったダイエット方法が流れています。人間は楽な方向へとなぜか流れがちで、痩せる石鹸やら、ラップをまけば部分やせするやら、某食品やら、カプセル的な薬物やら色々試しましたが効果は出ませんでした。

自分なりに色々調べた結果、運動と少しの食事制限(ダイエット商品で売ってる食事も使えばなおさらよい)で綺麗に痩せるしかないと思いました。健康にも・美肌にもいいです。

余談ですが、サウナは血行ををよくする
のには効果的ですが、身体の水分が抜けただけで、すぐにもとにもどるそうです。脂肪が燃焼したわけではありません。

半身浴も同様に、血行などをよくすることはできますが、
脂肪はなくなりません。汗をかいて身体の水分が減るだけです。

格言
楽なダイエット方法はありません。




なぜ運動なのか

人間には基礎代謝というのがあり、簡単に言うと、一日通常の生活をしていて消費されるエネルギー(カロリー)のことなのですが、このカロリーを超えて食べ過ぎてしまうと太ってしまうわけですね。もっとご飯をたべたり、付き合いでどうしても食べなければいけないと言うときもあると思います。その時は運動をして、摂りすぎたぶんのカロリーを減らせばいいのです。



ちなみに、
脂肪一キロ減らすのには7200kcal消費しなければ行けません。なので、短期間での脂肪燃焼は難しいのです。また、筋肉をつけることによって、基礎代謝をふやせます。基礎代謝を増やすと、食べても太りにくい身体になります。

また筋肉をつけることにより、基礎代謝はあがります。そして脂肪を燃焼しやすくします。
例えばある部分の脂肪をを集中的に減らしたい場合は、その部分の筋肉を増やせば、脂肪は燃えやすいです。


自分の基礎代謝を知りたい場合は、性能の良い体脂肪計を買うなどすれば測定できます。




リバウンドについて。

基礎代謝については説明しましたが、よく、食べ物だけを制限して痩せたという方がいますが、確かに自分の基礎代謝よりもカロリーを摂らないので少しは脂肪は減りますが、結構筋肉が減ってしまいます。(人間は、タンパク質や炭水化物・摂取カロリーが少なすぎると筋肉を分解してエネルギーとしてしまうのです)筋肉が減るということは、基礎代謝が減るということなのです。なので、食事を元に戻したら、基礎代謝が前よりも落ちているので、徐々に戻って、最悪の場合もっと太ってしまう場合もあるのです。

以上の説明でおわかりいただけたと思いますが、余程脂肪が多くて、運動と食事に気を使っている人なら別ですが、普通の人は、短期間(一ヶ月程)で5キロやら体重を落とすのは無理な話です。落ちたとしても、筋肉が減っているので、見た目最悪なプロポーションになり、必ずリバウンドします。




後ほど説明しますが筋肉と聞くと、ムキムキなイメージを想像しますが、大きな間違いです。同じ重さの筋肉・脂肪があった場合、脂肪よりも筋肉の方が1.25倍重たいですが、
体積(大きさ)は脂肪の方が20%大きいのですなので、筋肉が少なく、脂肪が多い人は、筋肉があって、脂肪が少ない人に比べて太って見えます。

また、運動にも種類がありまして有酸素運動無酸素運動という運動に別けることができます。次に左フレームの有酸素運動とは?についてを押してください。